ユーザーボイス

塙 尚恵 代表取締役

意識の向上・いたずら防止に効果テキメン

はやぶさ交通株式会社

宇都宮市江曽島町にある「はやぶさ交通」は2005年より、少人数の家族旅行・団体旅行の送迎・各種観光旅行など扱う、いわゆるバス会社として地域に貢献を続けている。特に県内最大級の大型バスを有し、中型バスや13人乗りのワンボックスカーなどを取り揃え、様々なユーザーの要望に応えており、会社の最大の特徴は「リピータが多い」ということ。ドライバー・添乗員の心遣いが、ユーザーに響くのでしょう。今回は自らハンドルを握ることもある笑顔の素敵な塙尚恵社長にインタビューをさせていただきました。

意識の向上

2016年6月にカメラシステムを導入しました。
導入のきっかけは、新しい社屋ができ、防犯カメラの導入を検討していたところ、いたずら電話が増えて、不安になったこと。また来店なさるお客様と担当者との対応の履歴を残すことが大きな目的です。ビデオでの履歴は単にお客様との履歴を残すことだけではなく、対応するスタッフ側にも大きな変化がありました。やはりビデオに映っていることで良い緊張感もあり、対応も自然と良くなり、またお客様からのクレームも減りました。
バスの車庫も7台位ついています。以前は悪戯がありましたが、カメラの効果はテキメンで、導入後は悪戯はなくなりました。

携帯からでも確認できる

やはり一番便利だなと実感できるのは好きな時にスマホで映像を確認できることですかね。
そして、何より野添通信さんに付けてもらったカメラシステムは映像が綺麗ですね。携帯から開いてもお客様の顔の認識できます。

 

捜査協力にも活用

映像が綺麗で、警察から防犯カメラの映像を捜査協力で提出した時も、写り込んだ自動車のナンバーまでしっかりと特定できていました。また去年あたり不審者が会社の周りをうろついたり、中に入ってきたこともあります。会社の昼間は女性社員のみになることも多く、不安でしたが、社員から電話連絡・スマホで確認・警察へ通報・対応などの連携ができました。

ご近所さん確認(笑)

弊社はご近所さんとのお付き合いも大切させていただいています。
ご近所さんが「これ食べてね!」みたいに何か持ってきてくれることが結構あるのです。
私がいるときは良いのですが、私が不在の時にご近所様からのご好意を会社スタッフがお預かりしたときなど、誰が持ってきていただいたのか?わからないことがあるんです。そんな時社内のカメラシステムを起動して時間指定をして、誰が持ってきてくれたか確認するなど(笑)嬉しい使い方もさせていただいています。

将来的には?

ドライブレコーダーは全車導入済みですが、これらのカメラシステムは顧客サービスの向上や万が一の時のために履歴を残しています。それはドライバーの運転技術の向上・スタッフの接客意識向上などに大きく貢献しています。当然ながら弊社コンプライアンスをしっかりと厳守し、お客様のプライバシーをしっかり確保しながらカメラシステムを運用してまいります。
将来的には運行中のバスの内容もリアルタイムで確認できるようにできれば良いと考えています。