NAS(Network Attached Storage)

WORK

NASのメリット

NASを設置することにより、LANを経由して複数の人・複数のデバイスでデータを共有できることです。LANは、有線・無線を問いません。         例えば家庭内のWi-Fiに接続しているパソコンやスマートフォン、タブレットであれば、誰でもNASにアクセスすることが可能になります。では、具体的にNASで何ができるのか説明します。

**写真や録画したテレビ番組、音楽の共有**

データ量の多い動画や録画したテレビ番組をNASに保存しておくことで、パソコン自体に保存せずに済みますのでパソコンも長持ちする手助けにも成り得ます。また、スマートフォンなどで撮影した写真や、ダウンロードした音楽をNASに保存しておくことで、ネットワーク上にあるデバイスから再生することも可能です。

**USB機器との共有**

USB端子を搭載したNASもあります。例えば、そのUSB端子にプリンタをつなげば、ネットワークにつながっているパソコンなどからプリントができるようになります。

**外出先からのアクセス**

インターネットを経由して、外出先から自宅や職場のNASに接続できる機能を持った製品もあります。この機能を利用すれば、スマートフォンで撮影した動画や写真を、すぐに自宅のNASにアップロードしてスマホの残り容量に余裕を持たせたり、仕事先で自宅のNASに保存したデータをチェックしたりといった使い方もできます。(動画等はデータ量が多いためWi-Fi環境での使用をお勧めします。

**プライバシー設定**

NASには、ファイルへのアクセス権限を設定することができます。例えば、「家族全員が見られるフォルダ」「自分用のフォルダ」「子供のフォルダ」といったようにNAS内にフォルダを作り、それぞれでアクセスできる人を決められるのです。この機能を活用すれば、プライバシーが守られます。

**データのバックアップ**

NASにデータをバックアップしておけば、万が一パソコンが故障したり保存データが破損したりした場合でも、すぐに元の状態へと復旧することができます。

関連記事一覧